2006年06月13日

日中関係は「政冷経涼」か?

人民日報から興味深い論評が出ていました。

論評:中日経済、なお激流を勇進する必要

論の内容的には、中国の対日輸出が減少していて経済的にもやや冷めてきているといった話ですが、本当にそうなのでしょうか?これに関しては、確かに対日輸出が下がっているのは事実なのでしょうが、それは元が円に対してドルよりも大きく切りあがっている為であるという説もあり、何とも言えないものがあるのではないかと思います。

問題は、ここではあまり触れられていませんが、日本の(というよりも世界的な)対中投資の形態の変化だと思います。中国が経済発展し人件費が高くなるにつれて世界の「消費国」となることが期待され、企業は中国を「工場」としてみるのではなく、中国で生産したものは中国で売るという現地生産・現地消費に変化してきているのです。そしてその代わりとして、工場の役割はロシア・東欧に変化していくのでしょう。結果として、中国は確かに投資はされるのでしょうが、これまでのような輸出をテコにした経済成長ではなく、内需主導の経済成長に少しずつではありますが、変化していくものと思われます。そしてその企業の中心として、英米の企業とともに日本の企業も進出していく、というのを日中の新たな経熱の形態としていかなければならないのだと思います。




posted by 正弘 at 02:54| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
企業や、中日経済などを期待したつもりだった。


Posted by BlogPetのきのえ at 2006年06月22日 12:05
高く経済などを期待したい。


Posted by BlogPetのきのえ at 2006年07月20日 11:08
きょうは人民日報と対中まで経済へ変化するはずだったみたい。
Posted by BlogPetのきのえ at 2006年08月17日 11:28
高く現地などを輸出しなかった。
Posted by BlogPetのきのえ at 2006年09月14日 11:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19198183

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。