2006年09月26日

党三役と、気の毒な朝日新聞

安倍政権がやる気です。昨日党三役が発表されましたが、その経歴が結構面白い。



PR:パソコン、そろそろ買い換えませんか?格安オンラインショップ


幹事長:中川秀直氏・・・・・・元日経新聞政治部記者
総務会長:丹羽雄哉氏・・・・・元読売新聞政治部記者
政調会長:中川正一氏・・・・・旧興銀

中川氏はともかく、他の二人はマスコミ出身です。安倍氏は他にも、父の安倍晋太郎氏が元々毎日新聞の記者だったので、毎日新聞との強いパイプを持っています。また産経新聞に関しては、右派の新聞だからなのか財界が作った新聞だからなのか、あまり表立った非難を安倍氏に向けるとはちょっと考えづらい。先代の小泉元首相は巧みなPR戦略で「小泉劇場」などと揶揄されましたが、安倍氏は「そもそも新聞社を丸抱えする」戦略に出たようです。また、広報補佐官を新設するようで、マスコミ対策への並々ならぬ意気込みが感じられます。正直広報ではなく政策で勝負してもらいたいとは思うのですが、どれだけ良い政策を採ろうとしてもここで躓くと失敗することもありますし、仕方ない事なのでしょう(そう言えば、小泉改革の立役者である飯田秘書官はどうなるんだろう?)。

さて、タイトルでも書きましたが、割をくった形になったのが大手の中で一社あります。そう、ここ暫く叩かれている朝日新聞社です。小泉政権の経験から、故意に外されたんでしょうか。それとも、別のところで抱えているのでしょうか(クレディ・スイスの予測のように、来年改憲を論点にした衆参同日選挙をしようとしているのなら、ぜひ抱えておきたい一社だと思うのですが「次期政権の政策運営の焦点」)。よくわからないのですが、あまり良いポジションにはいないことは確かなのだと思います。最近朝日新聞が気の毒で仕方ありません。




PR:ガソリン価格、高すぎると思いませんか?そんな方に




posted by 正弘 at 09:36| 東京 | Comment(0) | TrackBack(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

安倍自民、新三役決定。幹事長に中川秀直氏
Excerpt: 明日発足するらしい安倍政権については、なんだか具体的に何をしてくれるのかはっきりしないので、書きあぐねていたりします。何もしていないうちから悪口言っても仕方がないし。 でもこの人事でこの内閣の性格が..
Weblog: 非国際人養成講座
Tracked: 2006-09-26 11:30

自民党・党三役決まる。
Excerpt:  自民党新総裁の安倍晋三官房長官は25日午前、幹事長に森派の中川秀直政調会長、政調会長に伊吹派の中川昭一農水相、総務会長に丹羽・古賀派の丹羽雄哉元厚相の起用を決めた。同日午後の党総務会で了承される。安..
Weblog: 税務の片隅で。
Tracked: 2006-09-28 14:44

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。