2006年10月01日

経済財政諮問会議では、法人税増税議論しない

 経済財政担当相になった太田氏から面白い発言が出ています。以下は産経新聞からの引用です。


PR:情報対策、万全ですか?

法人税引き上げに慎重「企業が国選ぶ時代」 大田担当相

 大田弘子経済財政担当相は30日、民放のテレビ番組に出演し、税制改革について「企業が国を選ぶ時代なので、国際競争の観点から法人税を増やすのは望ましくない」と述べ、法人税率引き上げに慎重な姿勢を示した。焦点となっている消費税については「(諮問会議で)引き上げ幅を議論するようなことはない。所得税、法人税なども含めた全体の議論をする」と述べた。

 諮問会議は12月に平成19年度予算編成の基本方針を、19年1月には中期的な経済財政のあり方を示す「改革と展望」を策定するが、大田担当相はこの中で税制改正全体の方向性を打ち出したい考え。このため、諮問会議での税制論議は年内に始まり、法人税のあり方については、企業の競争力を強化する観点から議論される見込み。


 法人税については「安倍内閣での経済財政諮問会議」でも少し触れましたが、商工族議員が財務相、経産相となって経済財政諮問会議に出席する時点で、減らす事は考えていても増やすという発想はないんでしょう。それにしても、太田氏も面白いですね。初っ端からいきなり財務省に喧嘩を売っています。総務省は竹中の時点で潰しきってしまった気がしますし(まあそれでもまだやるのでしょうが)、今度は財務省を潰す気なんでしょう。

 ところで、法人税を減らす(本文中では「上げない」ですが)ことで企業を誘致するというのは面白い発想なのではないかと思います。外国企業が日本により進出し始めれば、法人税を減らしたところで増えた企業の数でカバーできる、ということではないのでしょうか?日本もとうとうそういう事を考える国になったんですね・・・。






posted by 正弘 at 10:20| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 経済・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
法人税はかなりむかしから引き下げていますよ

http://www.kokuminrengo.net/2006/200602-tax-tnym.htm
Posted by うう at 2006年10月02日 06:49
ホントですね。

小渕政権の頃と言えば、確か税調会長が通産省出身の人だったと思います。やっぱり旧内務省系に近い平成研の人達と財務省は相性が悪かったんでしょうね・・・。
Posted by 正弘 at 2006年10月03日 01:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

財政をたくさん集めました
Excerpt: 楽天で探すと送料無料で、在庫もあったので注文しました。町の大型本屋を数件探して、おいてなくて取り寄せも日数がかかるようだったので楽天で見つけられて良かったです。年度版ですので毎年お世話になっております..
Weblog: 経済・財政を極める
Tracked: 2007-08-04 06:56

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。