2005年09月16日

ソニー、金融事業売却へ

 ソニーは、全額出資子会社でソニー銀行、ソニー生命保険、ソニー損害保険など金融事業を統括する「ソニーファイナンシャルホールディングス(SFH)」を段階的に売却する事を決定した様です。多角化で膨らんだ資産を大幅に整理し、本業のエレクトロニクス部門再建を最優先するため。インターネット専業銀行のソニー銀行は2001年の開業以来赤字続きで、設立当時から知恵袋的存在だったJPモルガンも数日前にソニー銀株をすべて手放す決定をしました。ソニー損保も赤字が続いており、ソニー生命で何とか持っているというような状態だったようです。

 本業のエレクトロニクス部門で不振が続いているため売却益で立て直すとのことですが、果たして成功するでしょうか?7月に発表された「企業ブランド知覚指数(PQ)」調査(日経リサーチ調べ)では2年連続首位だったソニーが4位に落ちるなど、ソニー神話は揺らいでいます。「信用を重んじる金融事業を手放すという判断は神話崩壊を加速させかねない衝撃力を持つ」など厳しい意見もあり、前途は多難なようです。

 金融事業売却以外にも、インターネット接続サービス「So-net」を手がける子会社ソニーコミュニケーションネットワークや、ソニーが12・5%出資するスカイパーフェクト・コミュニケーションズの株式持分も、完全売却もしくは出資比率を大きく引き下げる方針。ブラウン管テレビは当面販売を続けるものの、数年で供給を停止し薄型テレビに専念するようです。この他高級AV家電ブランド「QUALIA」の廃止や、「AIBO」「QURIO」などロボット事業の大幅な縮小も検討中とのこと。今まで知っているソニーがソニーでなくなってしまうようで寂しい気もしますが、経営改善のために頑張って欲しいですね。

<参考文献>
日経新聞社."ソニー、金融事業売却へ・本業再生へ抜本改革".NIKKEI NET.(オンライン)、入手先http://www.nikkei.co.jp/news/main/20050916AT1D1501J15092005.html、(参照2005-9-16)

IT+PLUS."「ソニー神話」の落日"NIKKEI NET.(オンライン)、入手先http://it.nikkei.co.jp/business/news/index.aspx?i=20050915aa004aa、(参照2005-9-16)

IT+PLUS."ソニーの金融事業とは"NIKKEI NET.(オンライン)、入手先http://it.nikkei.co.jp/business/news/index.aspx?i=20050915aa003aa、(参照2005-9-16)
posted by 正弘 at 12:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Excerpt: ソニー損害保険ソニー損害保険株式会社(そにーそんがいほけんかぶしきがいしゃ、''Sony Assurance Inc.'')は、東京都大田区に本社を置く、ソニーグループの損害保険会社。コーポレートスロ..
Weblog: 保険、知らないと損する保険の知識!
Tracked: 2007-12-21 15:42

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。