2005年10月06日

前原代表と労働組合

 連合の第9回定期大会が5日午前、二日間の日程で始まりました。夕方には民主党支援の継続と次期衆院選での政権交代の実現などを目標とする2006-07年度運動方針を採択し、本日6日に笹森清会長の後任としてUIゼンセン同盟の高木剛会長を選出する予定のようです。

 笹森会長は挨拶で「連合が既得権益を打ち破ることが出来るか、公務員への対応を取りきれるかが問われている」と述べ、総人件費削減など公務員制度改革への前向きな取り組みが必要であるという認識を示し、また「官公労には権益をさらけ出し、世間がおかしいと思うものは直そうといっている」とも述べました。

 これだけ聞いていると、一見自治労や官公労など今回の選挙で槍玉に挙げられた労働組合の改革の必要性を叫んでいるように見えます。しかしここでよくよく考えてみると、民主党新代表の前原氏はUIゼンセン同盟(正式名称:全国繊維化学食品流通サービス一般労働組合同盟)や電機連合(正式名称:全国電機・電子・情報関連産業労働組合連合会)などの労働組合との関係が取沙汰されている政治家です。結局、「民主党内の主導権争いが連合内にも持ち込まれた(もしくはその逆)」だけで、前原氏と同様組織内の敵対派閥の弱体化を狙っているだけではないかと考えてしまうのは私だけでしょうか?そういえば今回の新会長選びでは珍しく対抗馬が出たそうです。連合内でも相当混乱しているのでしょう。

 また今回の定期大会には、4年ぶりに小泉首相が来賓として出席しました。首相は、「各界、各層の協力がなければ様々な改革は実現しない」と述べ、社会保障、公務員制度改革などを念頭に労組への協力を呼びかけたそうです。しかしまた問題なのは、前にも述べましたが、前原氏は防衛繋がりで自民党の山崎拓氏とも太いパイプを持っており、山崎氏と仲の良い小泉首相とも必然的に近いと考えられます。結局、前原氏と仲の良い連合内の派閥を使って官公労を解体し、公務員制度改革を円滑に進めたいという狙いで出席したのではないかとどうしても疑ってしまいます。

 それにしても、小泉首相は前原氏に「自民党との違いを出さないほうが良いのではないか」などと述べるなど、選挙後本当に露骨になりました。前はこんなことなかったと思うのですが、大勝しておかしくなってしまったのでしょうか。後一年の任期ですが、スキャンダルなどが突然起きてしまわないかと最近本気で心配です。






posted by 正弘 at 00:45| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。