2005年10月16日

韓国で検察総長が辞任?

 風邪を引いて土日寝込んでしまいました。また明日から憂鬱な毎日が始まります。「サザエさん」を見逃してしまったせいでいまいち実感がないのですが。やっぱりあの番組は週末に「明日からまた一週間が始まる」と憂鬱な気にさせる番組一番な気がします。

 さて、風邪で調子が悪くても一応ニュースだけは見なくてはと思いネットで日経を見ていたのですが、どうしてもしっくりと来ないニュースが一つ。以下は引用となりますが、

韓国法相の親北朝鮮教授逮捕で指揮権発動に批判

【ソウル=池田元博】韓国の検察当局が北朝鮮寄りの発言を繰り返す大学教授を国家保安法違反で逮捕しようとしたところ、法相が不拘束で捜査するよう指揮権を発動、反発した検察総長が辞任する事態に発展した。北朝鮮との融和を加速する盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の意向を反映した動きだが、野党などからは政治介入との批判が広がっている。

NIKKEI NET(19:51)

というものなんですが、風邪を引いているせいか、何だか何度読んでもいまいち意味が取れません。何でだろうと考えていると、ああそうか、韓国には「表現の自由」がないんだということにやっと思い至りました。法相が表現の自由を守ろうとすることなんて当然だと思っていたのですが、どうやら韓国では複雑なねじれ現象が起こっているようです。普通は「思想的危険人物(日本の戦前で言うなら共産主義者とかでしょうか)を『政府が』逮捕して(戦前の特別高等警察のように)政治介入と批判されるもの」という思い込みが判断を鈍らせていたようです。

 そういえば、鳥取でもおかしなことが起こっているようです。日本でも表現の自由はどうなってしまうんでしょうか…






posted by 正弘 at 22:23| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。いつも読ませていただいています。パクリ大国の韓国、言論の自由も所詮「パクリ」だったということでしょうか。風邪、よくなるといいですね。お大事にしてください。
Posted by wnm at 2005年11月06日 09:17
wnmさん、コメントありがとうございます。「言語学研究日誌」は私も楽しく読ませていただいています。

パクったほうが良いものだと思うのですが、パクり切れなかったのでしょうか…。隣国として残念に思います。

心配していただきありがとうございます。結局よくなったり悪くなったりを繰り返して2週間ほど風邪が続きました。最近流行っているようなので、wnmさんもお気をお付けください。
Posted by 正弘 at 2005年11月10日 13:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。