2005年10月23日

首相の靖国参拝への私見

 小泉首相の靖国参拝から初の週末を迎えましたが、特にデモなどが起きている様子はなさそうです。中国は流石にそこまで馬鹿ではなかったようですね。政冷経熱などと言わずにこれからも友好な経済関係を発展させていってもらいたいものです。もちろん経済の規模から考えても、日本主導のものになっていくと思いますが。

 さて、本日の新聞を読んでいて疑問に思ったことが一つ。以下は日経新聞の「風見鶏」からの引用ですが、

 東京裁判でA級戦犯とされた戦争指導者を合祀する靖国神社に、国を代表する立場にある首相が参拝すれば、あの戦争に対する日本の責任とけじめがあいまいになってしまうのではないか、周辺諸国をはじめとする諸外国との信頼関係を損なうのではないかという懸念が靖国問題の核心である。小泉首相は理路整然とした説明を国民に対しても外国に対してもしていない。(中略)戦争指導者を合祀する靖国神社に参拝することが日本の首相の行動として政治的に妥当かどうか、憲法の政教分離の原理に抵触していないかがどうかが議論になっているのである。(中略)首相が靖国神社に参拝するなら、A級戦犯の分祀などの環境整備に十分な努力を尽くした上で、堂々と参拝するのが筋である。

というもの。私の個人的な靖国参拝に対する政教分離の問題に関しては、「首相の靖国参拝問題と政教分離」を参照していただきたいのですが、ここで疑問なのは、「A級戦犯を合祀していることが憲法の規定する政教分離の原則に抵触するのか?」ということです。幾つかの憲法の判例を調べてみましたが、そんな判例見たことありません。この前違憲判断が出た首相の靖国参拝に関しても、神道の施設である靖国神社に小泉首相が参拝したことが問題となっているのであって、中韓の主張するようなA級戦犯の合祀が争点となっているわけではないはずです。要するに、「首相の靖国参拝違憲判断と中韓が主張するA級戦犯合祀とは全く関係なく、A級戦犯を分祀しようがしまいが靖国神社に参拝すれば違憲判決を受ける可能性がある」ということです。A級戦犯を奉っている靖国神社に参拝することは違憲だなどと騒ぎ立てる一部マスコミは、中韓の工作員(もしくは単なる憲法に詳しい記者の不足)ととられても、仕方がありません。宗教の施設である靖国神社に参拝したことについては、小泉首相も憲法一九条の思想および良心の自由を引き合いに出して反論しています。首相という公人が思想および良心の自由によって特定宗教の施設に参拝することが違憲かどうかは裁判所の判断することでしょう。中韓も、A級戦犯の合祀云々ではなく、憲法を戴く先進国の首相が特定宗教を助長するような行為をするのはどうなのかというような批判をすればよかったのですが、そこまで頭が回らなかったのでしょうか?

 公明党も相変わらず批判してましたね。まああそこは日蓮宗系の宗教団体である創価学会を母体としているのですから、しょうがないですか…。日蓮宗は仏教の中でも特に排他的な宗派ですし。民主党は…前原さんが党内左派にでも押され始めたのでしょうか。まだしばらく靖国論争は続くと思いますが、これからどうなっていくかは注目ですね。






posted by 正弘 at 11:53| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(10) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさに「風見鶏」だから仕方が無い感じですね。
Posted by yomibito at 2005年10月23日 16:56
コメントありがとうございます。

日経新聞って意外と中国よりなんですよね。まあ今イケイケの中国ですし、経済新聞として中国よりになってしまうのは仕方ないのかもしれませんが・・・。
Posted by 正弘 at 2005年10月24日 05:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

たかじんのそこまで言って委員会で靖国問題
Excerpt: もう今回は秀逸でしたね。この番組。 議論の内容も素晴らしかったけど、靖国問題の質問の仕方も、揃えたパネラーも素晴らしいのでは。 まずはレギュラーの、橋下弁護士、宮崎哲弥氏、さごば師匠、三宅先生..
Weblog: avalon◆keiko's Blog◆
Tracked: 2005-10-24 12:20

疲れてしまった韓国
Excerpt: ある意味、こつこつ積み重ねた結果なのでしょうか。 近年、靖国問題などで日本を批判しても「なしのつぶて」状態が続いていたため、韓国もこれ以上言っても無駄だということを悟ったようです。 以下引用 ..
Weblog: BBの独り言
Tracked: 2005-10-24 22:42

靖国問題に再挑戦(前編)
Excerpt: 靖国問題が何かまだ尾を引いているようですね。と言うよりは尾を引かせたくて引かせたくてしょうがない方々が方々にいらっしゃりやがるのでしょうが。日頃読ませて頂いているbusai9さんのブログ『不細工な不ロ..
Weblog: blog不眠飛行
Tracked: 2005-10-25 00:36

友好関係が大事って言っているけど…
Excerpt: ブログランキング参加中*お願い!クリック 靖国神社参拝の波紋だって? 勝手に波立っているのは、騒いでいるあなた達のほうじゃ… (あと、いったいどこの国の報道機関なの?と思えるようなこの国のマ..
Weblog: 素晴らしい日々〜Splendid days
Tracked: 2005-10-25 11:16

ブログ炎上 「世に倦む日々」の末路
Excerpt: 「戦後民主主義」の終焉 ブログ「世に倦む日々」の末路 
Weblog: 言語学研究室日誌
Tracked: 2005-10-26 10:05

小泉首相が靖国神社参拝は是?非?
Excerpt: 小泉首相が靖国参拝へ 中韓の猛反発必至 あなたは、参拝に賛成?反対? で、その理由は? よく考えてみよう。来年で、任期が切れる首相が、何故参拝しているのかを・・・   本日、靖国神..
Weblog: 「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
Tracked: 2005-10-26 10:53

靖国問題を考える(2)
Excerpt: どうせまたそのうち行くんだろうなぁ??と思ってましたが、やはり行きましたね。小泉首
Weblog: Johnny style!
Tracked: 2005-10-27 16:57

神道・軍隊・戦争についての考察その1
Excerpt: 下の文は私の奥が主催しているサイトへの奥の書いた記事の一部です。 小泉総理の靖国参拝に対しての少数の反対意見と、中国・韓国の反対に対して、奥の心の叫びでしょう。 神道・軍隊・戦争についての考察その..
Weblog: 手前ら、日本人をなめんじゃあねぇ
Tracked: 2005-10-27 18:02

小泉首相の靖国神社参拝について
Excerpt: 昨日(17日)の午前中、小泉首相が東京・九段にある靖国神社を参拝しました。 今回の参拝は昨日から始まる靖国神社における秋季例大祭に合わせての参拝と考えられますが、今回も「私的参拝」と言い、正式の儀礼..
Weblog: Human Style.com<〜ヒューマンスタイル.com〜>
Tracked: 2005-11-04 11:23

◇靖國神社◇ 
Excerpt: 靖國神社 日本国民としては一度は是非とも行ってみたいというか 感謝の念をこめて一度は参拝しなくてはならない神社です。 慶應義塾大学を受験する前日に、 せっかく東京まできたので、..
Weblog: ¥16から億万長者への成功
Tracked: 2005-11-27 00:15

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。